人体の構造と機能及び疾病

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数136
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    通信教育、レポート評価B(A~D判定中)のものです。  参考文献は「新・社会福祉養成講座1「人体の構造と機能及び疾病」中央法規2015 です。  文字数1200字程度。全文をそのまま使用することなく課題の参考にしてください。社会福祉士 <科目>人体の構造と機能及び疾病 <課題名>「老年期の認知症の原因と症状について整理して述べなさい。」

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    老年期の認知症には大きく分けて3つあると言える。アルツハイマー型認知症、血管性認知症、レビー小体型認知症である。これらの認知症の原因とその症状についてそれぞれ述べたい。
    中枢神経系の疾患など原因となるべき疾患は多数あるが、中でも神経変性疾患を要因とする、アルツハイマー型認知症が最も多く、認知症の約半数を占めると言われている。アルツハイマー型認知症を発症すると脳の海馬周辺から左右対称に萎縮が始まり、発症初期から記憶、記銘障害が目立つ。これは海馬周辺が記憶をつかさどることから起こる。また、外界に対する注意力の低下も起こる。人格に対しての障害も早期に起こり、多幸や抑うつ、妄想、錯乱、徘徊なども見られ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。