日本大学 教育の社会学 分冊1 平成27年~28年課題レポート

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数98
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本大学 教育の社会学 分冊1 平成27年~28年課題レポートです。丸写しはせず、参考程度にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     教育の社会学 分冊1
    ※ 平成27年8月に提出したものです。非常に広くかつ深みのある学習をされ等の評価をいただきました。個別評価は、教材の理解度Bを除き、すべてA評価をいただきました。
    ※ 個人的な意見も含まれているため、丸写しはやめてください。不合格になっても保証はしません。
     
     OECDが実施したPISAの2000年と2003年の学力テストの結果に関して、アメリカは「高得点グループは参加国平均以上であるが、低得点グループは参加国平均以下」という結果であった。
     これに対して北欧フィンランドは「高得点グループも低得点グループもともに参加国平均を上回る」という結果であった。
     なぜ、アメリカは学力格差が大きく、フィンランドは学力格差が小さくてかつ平均点が高いという違いが生じたのか。
     下記の2問について解答しなさい。
    1:アメリカと北欧諸国(フィンランド・スウェーデンなど)の「両国の間の社会保障制度や所得格差の違い」を説明せよ。
    2:さらにその際に「両国の社会保障制度や所得格差の程度の違い」がなぜ「両国の間の学力格差の違い」につながるか、そのメカニズムをテキストで学習した「教育社会..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。