日本大学 国際経済論 分冊2 平成27年~28年 課題レポート

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数180
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    日本大学 国際経済論 分冊2 ②を選択 平成27年~28年課題レポート
    丸写しせず、参考程度にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     国際経済論 分冊2
    ※ 平成27年5月に提出したものです。わかりやすく展開できているという講評をいただき、個別評価は、すべてA評価をいただきました。
    ※ 時期により、状況が変わっている場合もあるので、注意してください。
    ※ 個人的な意見も含まれているため、丸写しはやめてください。不合格になっても保証はしません。
     次の中から1問を選択し、番号に必ず○印を付けて答えなさい。
    1 財政・金融政策の経済効果について、為替制度の選択および為替管理の自由化・強化   との関連をふまえて自由に論述せよ。
    ② 金本位制およびブレトンウッズ体制の特徴をふまえて国際通貨体制の歴史的変遷について整理し、自身が考えたことを自由に論述せよ。
    ②に回答
     金本位制度は、第一次世界大戦前に主要先進国で広く採用されてきた通貨制度である。金貨は多くの国で古くから用いられてきたが、金を通貨制度の基本に据えたのは欧州で近年になってからである。イギリスでは最も早く1816年に事実上の金本位制度を採用しており、19世紀前半にはこれが法規化された。他の欧米諸国では少し遅れて19世紀末に金本位制度が広く採用されるに至った。日本..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。