PCR

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数16
閲覧数33
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    化学実験PCR

    代表キーワード

    化学実験PCR

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    目的
    課題4ではPCRの原理を学ぶため、口中の粘膜細胞からDNAを抽出しPCRより第16染色体上にあるPV92遺伝子座の一部を増幅する。その後その増幅産物をアガロース電気泳動で解析、PV92遺伝子座に挿入されているAlu配列を検出することにより個人のDNAの違いを検出する。
    課題5ではEcoRI処理前、後の増幅DNAを電気泳動で解析することにより、前実験で増幅したDNAがPV92配座のDNAであることを確認する。
    原理
    -Polymerase Chain Reaction-
    この反応はDNAの変性(denature)、アニーリング(annealing)、伸長(extension)の3つの過程から成る。変性では、PCR溶液を94 ℃に加熱することで二本鎖DNAを一本鎖に出来る。次のアニーリングでは、反応溶液の温度を55~68 ℃に下げることで変性した一本鎖DNAは元の二本鎖に戻ろうとするが反応溶液中には鋳型DNAよりも過剰量のプライマーが存在しているのでプライマーと相補的塩基対を形成する。伸長過程では、一本鎖には結合しないTaqポリメラーゼがプライマーが結合して二本鎖になっている部分を認..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。