情報科学入門(1分冊)オペレーティングシステム

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数125
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    玉川大学の通信レポート【C判定】
    全くの素人が独学で書いたものなので、簡単な内容となっております。どうぞ、参考用にご覧下さい。

    ―教員コメントー
     OSがない時、具体的に画面、キーボード、マウスなどがどうなるのかが書かれていると良かったです。

    ―内容―
    課題①
     オペレーティングシステムとは、コンピューターにおける基本的存在であるソフトウェアのことである。このシステムについての説明を述べていく。
    初代のコンピューターには、OSの機能がまだ搭載されていなくて操作をするのに非常に手間がかかっていた。よって、効率的な動作や時間短縮が求められ、研究・開発が進められた。結果、基本的なプログラムの実行・処理などの操作をメモリーにロードし、自動的に基本操作の処理が行われるものを作った。これが、OSの原型となる。
    この開発により、無駄な入出力の待ち時間が無くなり、同時に複数のプログラムの実行処理が行え、・・・

    課題②
     世界中の人々を結びつけるネットワークであるインターネットはいつ、どこで、誰とでも、最新の情報交換が出来る画期的な技術であると共に、悪質な不正行為が数多く潜んでいる場でもある。
    インターネットの特徴である通信技術により、便利化された機能と、その留意点をいくつか以下に記述する。
    電子メール(e-mail)は、瞬時に情報・コメント・ファイルを送信・受信することができ、さらに一度に複数の宛先へ送信することが可能である。しかし、・・・

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

        「オペレーティングシステム」
    課題①
    オペレーティングシステムとは、コンピューターにおける基本的存在であるソフトウェアのことである。このシステムについての説明を述べていく。
    初代のコンピューターには、OSの機能がまだ搭載されていなくて操作をするのに非常に手間がかかっていた。よって、効率的な動作や時間短縮が求められ、研究・開発が進められた。結果、基本的なプログラムの実行・処理などの操作をメモリーにロードし、自動的に基本操作の処理が行われるものを作った。これが、OSの原型となる。
    この開発により、無駄な入出力の待ち時間が無くなり、同時に複数のプログラムの実行処理が行え、更には利用者やアプリケーションソフトウェアーのプログラムや操作ミスなどによる故障を回避などの機能などが備えられた。
    OSの目的は、コンピューターを効率よく使えるように、なおかつ利用者に使いやすい環境を提供することである。この、制御管理の基本機能のプログラムが備わったOSのソフトウェアをカーネルと呼ぶ。つまり、カーネルは基本、または重要な管理をするプログラムによって、構成されている。このカーネルが果たしている役割を以下..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。