保育内容の指導法ー言葉(2分冊)文字の指導

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数167
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    玉川大学の通信レポート【C判定】
    全くの素人が独学で書いたものなので、簡単な内容となっております。どうぞ、参考用にご覧下さい。

    ―教員コメントー
     基本的に第一分冊と注意点は同じです。幼児教育は遊びを
    通してなされるものであること、子どもの自発性が大事にされることが記されているのですが、文中で使われる表現には反映されていない点が見受けられます。つまり、本当の意味で理解されているのか不明です。
     (文中での「絵を書かせる」という表現等が自発性と相反する表現となっているらしい。皆さんも気をつけてね)

    ―内容―
     保育場面における文字の指導について、子どもの発達に触れ、望ましい教師のあり方を述べていく。
     まず、幼児期の発達の特性として様々なことが挙げられる。例えば、心身の著しい発育や自発的な活動への集中力、表現力、理解力などが向上していったりする。また、良好な他者との関係づくりが今後の人格形成に大いに影響を与えることとなる。そのため、幼児同士の相互作用が幼児の発達を促すため、教師は幼児の個性や発達の特性を活かす様な集団を形成していく必要がある。
    幼稚園教育要領の言葉と環境においても文字について次のように記載されている。言葉では内容(10)「日常生活の中で、文字などで伝える楽しさを味わう。」・・・

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     保育場面における文字の指導について、子どもの発達に触れ、望ましい教師のあり方を述べていく。
     まず、幼児期の発達の特性として様々なことが挙げられる。例えば、心身の著しい発育や自発的な活動への集中力、表現力、理解力などが向上していったりする。また、良好な他者との関係づくりが今後の人格形成に大いに影響を与えることとなる。そのため、幼児同士の相互作用が幼児の発達を促すため、教師は幼児の個性や発達の特性を活かす様な集団を形成していく必要がある。
    幼稚園教育要領の言葉と環境においても文字について次のように記載されている。言葉では内容(10)「日常生活の中で、文字などで伝える楽しさを味わう。」環境では、ねらい(3)「日常生活の中で簡単な標識や文字などに関心をもつ。」(*1)
    幼稚園教育では、幼児の主体性が重視されているため日常生活において抱いた興味や関心を文字の学びにつなげていく必要がある。そのためには、幼児同士の相互関係や遊びの中で自然と文字を扱い発展させていく経験をすることが大事であり、幼稚園教育で求められている点のひとつである。
    文字は生活環境の中の至るところに存在している。そのため、幼児..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。