保育内容総論(2分冊)遊びを中心とする幼児教育

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数185
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    玉川大学の通信レポート【B判定】
    全くの素人が独学で書いたものなので、簡単な内容となっております。どうぞ、参考用にご覧下さい。

    ―教員コメントー
     第一分冊と同様に、全ページに科目コード、科目名、分冊を記入しましょう。内容については、実例を入れてわかりやすくまとめています。とても理解されています。
     (科目コード等は上部余白に記入しないといけないらしい…・゜・(ノД`)・゜・知ってたらA評価だったかも。)

    ―内容―
     子供にとっての遊びとは何か。何故、遊びを中心としているのか。遊びを中心とする幼児教育のあるべき姿について述べていく。
     幼児は知識や経験も浅く、行動範囲に関しても家庭や園、身近な地域などと狭い範囲内となる。しかし、幼児にとって周囲の環境や生活の中で起こる出来事は、目新しいものが多く、様々なことに興味や関心が惹きつけられるのである。そのため幼児にとっての遊びとは、学びに変換することができ、人間として発達していくのに有益な経験が相互に関連し合いながら、蓄積されて行くのである。
     例えば、幼稚園におけるお花屋さんごっこを想定する。最初は庭から摘んできた草花を使いお花屋さんごっこを始めたとする。そこから徐々に自分たちで描いた花や折り紙を用いて花の種類を増やしたり、・・・

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     子供にとっての遊びとは何か。何故、遊びを中心としているのか。遊びを中心とする幼児教育のあるべき姿について述べていく。
     幼児は知識や経験も浅く、行動範囲に関しても家庭や園、身近な地域などと狭い範囲内となる。しかし、幼児にとって周囲の環境や生活の中で起こる出来事は、目新しいものが多く、様々なことに興味や関心が惹きつけられるのである。そのため幼児にとっての遊びとは、学びに変換することができ、人間として発達していくのに有益な経験が相互に関連し合いながら、蓄積されて行くのである。
     例えば、幼稚園におけるお花屋さんごっこを想定する。最初は庭から摘んできた草花を使いお花屋さんごっこを始めたとする。そこから徐々に自分たちで描いた花や折り紙を用いて花の種類を増やしたり、価格設定や店内アレンジ、接客の仕方など、日常生活で見聞きしたことを遊びに取り組んでいくようになる。
    また、幼児同士が遊ぶ過程の中で必ず意見の衝突や葛藤、妥協などがある。さらに楽しく遊ぶためには相互に協力していく必要があり、自らのイメージを言葉・文字・行動などで表現し共有していく工夫を無意識の内にしていくようになる。この様に幼児同士が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。