幼児教育課程論(1)幼稚園教育の理念と教師の役割

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数168
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    玉川大学の通信レポート【B判定】
    全くの素人が独学で書いたものなので、簡単な内容となっております。どうぞ、参考用にご覧下さい。

    ―教員コメントー
    ポイントを抑えてご自身の言葉で丁寧にまとめられたレポートとして評価します。前半部がひとつの文が終わると改訂となっておりレポートのまとめ方、構成の仕方にもうひと工夫が必要かと思われました。ややもすると箇条書きとして受け取られてしまい、もったいないです。もうひと工夫してみてください。
     
    ―内容―
     幼稚園教育においては「環境を通して行う教育」「遊びを通しての総合的指導」という理念に基づき行われるとされる。
     なぜそのような理念に基づくのか、またその理念に基づき、教師はどのような役割を果たすべきと言われているのかを述べていく。
     人間の生活や発達は、周囲の環境との相互関係によって成り立つものである。そのため、幼児期での環境の関わり方というものがその後の人生の基盤となっていくものである。
     幼稚園教育では、「環境を通して行う教育」が基本となり、それは教育内容に基づいた計画的な環境に関わり、幼児が主体性を十分に発揮して展開する生活を促すようにすることである・・・

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     幼稚園教育においては「環境を通して行う教育」「遊びを通しての総合的指導」という理念に基づき行われるとされる。
     なぜそのような理念に基づくのか、またその理念に基づき、教師はどのような役割を果たすべきと言われているのかを述べていく。
     人間の生活や発達は、周囲の環境との相互関係によって成り立つものである。そのため、幼児期での環境の関わり方というものがその後の人生の基盤となっていくものである。
     幼稚園教育では、「環境を通して行う教育」が基本となり、それは教育内容に基づいた計画的な環境に関わり、幼児が主体性を十分に発揮して展開する生活を促すようにすることである。
     「環境を通して行う教育」とは、保育室内外で様々な遊具や素材、造形、描画、ままごと、積み木などを幼児の自由に選ばせること。さらに、教師の意図やねらい道理に環境を操作し幼児を誘導していくだけという意味だけではない。
     幼稚園教育における環境の構成とは、様々な素材や道具など幼児が多様な想像力が持てるような物語を用意し、幼児が自由に遊びをデザインできるような資源を提供しておくことである。そして、幼児等と教師等が相互に関わり合いながら日..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。