生物学入門(1分冊)遺伝現象と人間生活との関連

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数248
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    玉川大学の通信レポート【B判定】
    全くの素人が独学で書いたものなので、簡単な内容となっております。どうぞ、参考用にご覧下さい。

    ー教員コメントー
     引用する、出典の良し悪し(情報の出どころ)でレポートの信ぴょう性が決まる。そのため、出典は書籍または信頼できるサイトであること。新聞等

    ー内容ー
     初めに遺伝現象の一つとして、遺伝子の構造と遺伝子がタンパク質を合成する仕組みについて説明していく。そして、遺伝子を操作する技術が(遺伝子組み換えなど)生活の中でどのように関わり、影響を及ぼしているのか考察していく。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     初めに遺伝現象の一つとして、遺伝子の構造と遺伝子がタンパク質を合成する仕組みについて説明していく。そして、遺伝子を操作する技術が(遺伝子組み換えなど)生活の中でどのように関わり、影響を及ぼしているのか考察していく。
     まず、全ての生物(人間、植物、動物、微生物)は、遺伝子を持っている。この遺伝子はDNA(デオキシリボ核酸)という科学物質からできており、遺伝子の本体のことである。
     さらに遺伝子を構成しているDNAはヌクレオチドという物質が沢山集まってできたもので、2つ鎖が絡まるように繋がっている構造(二重螺旋構造)をしている。このヌクレチオドは、糖・リン酸・塩基の3つの成分で構成されている。
     糖は、デオキシリボースと呼ばれる5つの炭素を使った五炭糖から成り立っている。そして、リン酸が糖と糖を結合していく役割を果たしている。リン酸が糖を繋ぎ合わせることによりDNAの各鎖の原型となる。
    塩基は、アデニン(A)・チミン(T)・グアニン(G)・シトシン(C)の4種類がそれぞれの糖に結合する。そして、1つの糖に1個の塩基が属し、リン酸により糖が繋ぎ合わされる。そして、別々に出来上がった2つの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。