(教科)生活(1分冊)指導原理

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数99
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    玉川大学の通信レポート【B判定】
    全くの素人が独学で書いたものなので、簡単な内容となっております。どうぞ、参考用にご覧下さい。

    ー内容ー
     生活科は主に「自分と人や社会との関わり」、「自分と自然との関わり」、「自分自身」の3領域を基にし、ア健康で安全な生活、イ身近な人々との接し方、ウ公共の意識とマナー、エ生活と消費、オ情報と交流、カ身近な自然との関わり、キ時間と季節、ク遊びの工夫、ケ成長への喜び、コ基本的な生活習慣や生活技能により構成されている。
    また指導原理には、①具体的・直接的指導、②体感的・体得的指導、③探求的・媒介的指導、④一体的・総合的指導の4つが挙げられる。これらのことを考慮しつつ 生活科の「指導原理」4項目について、指導上のポイントを生活科内容と関係付けながら具体例をかんたに示しながら説明していく。

    ー教員コメントー
     指導原理のポイントを生活科内容と関連づけて整理されています。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     生活科は主に「自分と人や社会との関わり」、「自分と自然との関わり」、「自分自身」の3領域を基にし、ア健康で安全な生活、イ身近な人々との接し方、ウ公共の意識とマナー、エ生活と消費、オ情報と交流、カ身近な自然との関わり、キ時間と季節、ク遊びの工夫、ケ成長への喜び、コ基本的な生活習慣や生活技能により構成されている。
    また指導原理には、①具体的・直接的指導、②体感的・体得的指導、③探求的・媒介的指導、④一体的・総合的指導の4つが挙げられる。これらのことを考慮しつつ 生活科の「指導原理」4項目について、指導上のポイントを生活科内容と関係付けながら具体例をかんたに示しながら説明していく。
    ①具体的・直接的指導
     具体的・直接的指導とは、書物や映像などの二次元の物を用いた題材よりも、具体物や実物など児童が実際に触れ感じ、働きかけることの出来る学習指導のことである。
    (指導のポイント)
    低学年の発達段階を考慮すると具体的な課題を提示する必要がある。次に児童の興味や関心を引きつける魅力的な教材の選択である。そして、各単元に応じて、低学年の発達段階に適合した具体的な方法を工夫することである。
    生活科内容..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。