相談援助の理論と人権尊重

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数185
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    相談援助の理論と方法について書いてます。加筆修正をしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会福祉士の相談援助とは「専門的知識及び技術をもって、身体上若しくは精神上の障害があること又は環境上の理由により日常生活を営むのに支障がある者の福祉に関する相談に応じ、助言、指導、福祉サービスを提供する者又は医師その他の保健医療サービスを提供する者その他関係者との連絡及び調整その他の援助を行うことを業とする者」と社会福祉士及び介護福祉士法には記してある。社会福祉士は障害者、高齢者、生活困窮者、児童など幅広い対象者への相談援助を行うことが必要となる。そのため、多くの知識を要する。
    相談援助を行うには「物事のあるべき状態についての基本的な考え」となる理念を理解する必要がある。具体的には①人権尊重②社会正義③利用者本位④尊厳の保持⑤権利擁護⑥自立支援⑦社会的包摂⑧ノーマライゼーションが挙げられる。
    普段、健常者が普通にしていることが、相談の対象者には「当たり前ではない」ことがしばしばある。それは彼らに障害があることによって容易に社会参加ができない状況にあった歴史がある。地域で生活する、教育を受ける、結婚して家庭を持つ…など、ごく当たり前のことすら叶わず施設に収容され、社会から隔離され、教育の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。