保健医療サービス

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数202
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    医療ソーシャルワーカーの役割と必要性について、地域医療連携の視点で述べています。
    100点満点中90点を取ったレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    保健医療サービスにおける社会福祉士(医療ソーシャルワーカー)の役割、必要性について、地域医療連携という視点から述べよ。
     医療ソーシャルワーカーとは、保健医療分野におけるソーシャルワーカーであり、主として病院において『疾病を有する患者等が、地域や家庭において自立した生活が送れるよう、社会福祉の立場から、患者や家族の抱える心理的・社会的な問題の解決・調整を援助し、社会復帰の促進を図る』専門職のことである。
     医療ソーシャルワーカーの業務は、①療養中の心理的・社会的問題の解決、②退院援助、③社会復帰援助、④受診・受療援助、⑤経済的問題の解決、⑥地域活動、の6分野に分けられている。また、業務を行う際は、プライバシーへの配慮、患者の主体性の尊重、個別援助、医療スタッフ及び地域の関係機関との
              1
    連携に留意しなければならない
    ソーシャルワーカーが医療組織の中で福祉の立場で効果的に業務を行う為には、動きやすい組織上の位置を確保する必要がある。病院は、医局や看護部、事務部といった職能ごとに分かれているが、内科や外科、病棟ごとの医療チームといった水平の繋がりも存在する。ソーシャルワ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。