社会調査の基礎

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数417
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    社会調査の一連の過程を説明し、質的方法と量的方法について具体的に述べています。
    100点満点中97点を取ったレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会調査の一連の過程(プロセス)を説明した上で、そこで用いられる質的方法又は量的方法のどちらか一つを選択し、具体的に述べなさい。
     社会調査とは、問題となる社会事象について、現地に出かけていき、意図的に見たり、聞いたり、調べたりしてデータを集め、それを分析して解釈する営みである。社会調査を結果の分析法で二つに分けると、大量のデータを取り社会の全体像を把握することを目的とした統計的社会調査(量的調査)と、少人数へのインタビューや参与観察などの事例的観察調査(質的調査)に大別される。調査方法の過程は下記①~⑧の通り共通である。
    問題意識の明確化
    研究課題の設定
    同種の先行研究のフォローとレビュー
    調査研究の成果についての当面の見通し
              1
    と仮説の構成
    調査対象と方法の決定
    実際の調査によるデータの収集
    収集したデータの処理
    報告書ないし論文の作成および公表
    質的調査は、面談機会の多いソーシャルワ
    ーカーの業務と似通った部分が多い為、質的調査法について述べたい。
    質的調査は事例調査・研究とも言われ、自由面接やインタビュー、観察、他にも文書や映像データなどの質的データを得る..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。