相談援助の基盤と専門職

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数295
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ソーシャルワークについての専門性に留意し、チームアプローチにおけるソーシャルワーカーの役割と機能について述べています。
    50点満点中48点を取ったレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    包括的・総合的な援助と多職種連携について、ソーシャルワークの専門性に留意し、チームアプローチにおけるソーシャルワーカーの役割や機能について論じなさい。
     近年、ソーシャルワークは大きな転機を迎えている。「個別の問題解決への援助」から「地域を基盤とした総合的かつ包括的な相談援助」への転換である。各種の専門職と地域住民が協働しながら、地域を基盤として課題の解決に向けて取り組むという視点が強く求められている。
     総合的かつ包括的な相談援助の実践には、援助システムの形成が必要である。近年、地域の生活課題は多様化し、介護問題だけでなく、疾病、経済面、近隣とのトラブル等様々な課題が重なっていることも少なくない。こうした場合、特定の機関・援助者による支援だけでは対処できる範囲を超えてしまうこと
              1
    がある。地域を基盤としたソーシャルワークにおいては、クライエントの個別の課題に働きかけるのではなく、クライエント本人の生活を中心に据えて援助することが求められる。それゆえ、対象となる生活課題は複合化する。生活課題を抱えているクライエントに対し、効率的で包括的な支援を行うには、複数の機関..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。