障害者に対する支援と障害者自立支援制度

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数514
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    障害者自立支援法の概要説明と、問題点及び課題について述べています。
    100点満点中90点を取ったレポートです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    障害者自立支援法の概要について説明し、その問題点及び課題について述べなさい。
     2003年に措置制度からの転換を目的に支援費制度が導入されました。しかし、この制度自体精神障害者を対象としていなかったり、根拠法が分かれていたりと、当初から問題点がありました。また、制度導入によるサービス利用者の増加に伴い、各自治体の費用負担も急増し、適切に対応できない状況が現れました。この状況を解決する為に、障害者の地域生活への移行と就労を進め、自立を支援する観点から、障害者基本法の基本的理念にのっとり、障害種類別に異なる法律で支えられ提供されてきたサービス・公費負担医療について、共通の制度の下で一元的に提供する仕組みが創設されました。それが障害者自立支援法です。障害者自立支援法による改革のねらいは主に5点。
              1
    1つは福祉サービスの一元化です。サービス提供主体を市町村とし、障害の種類にかかわらず自立支援を目的としたサービスを、共通の制度により提供することになりました。
    2つ目は就労移行支援です。働く意欲のある障害者が企業等で働けるよう、福祉側から支援されるようになりました。
    3つ目は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。