理科概論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数560
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学通信教育課程でのレポートになります。すでに合格済みです。ぜひ、参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小学校第4学年の内容「(2)金属、水、空気と温度」(テキスト16ページ)のア、イ、ウそれぞれの自然の事物・現象について、粒子概念を用いて説明しなさい。
    はじめに
     2008(平成20)年の小学校学習指導要領の改訂にあたっては、改善の基本方針として、理科については小・中・高等学校を通じ、発達の段階に応じて、児童が知的好奇心や探究心をもって自然に親しみ、目的意識をもった観察・実験を行うことにより、科学的に調べる能力や態度を育てるとともに、科学的な認識の定着を図り、科学的な見方や考え方を養うことができるよう改善を図ることが示されている。具体的には、以下のような内容となっている。
    ① 理科の学習において基礎的・基本的な知識・技能は、実生活における活用や論理的な思考力の基盤として重要な意味をもっている。また、科学技術の進展などの中で、理数教育の国際的な通用性が一層問われている。このため、科学的な概念の理解など基礎的・基本的な知識・技能の確実な定着を図る観点から、「エネルギー」、「粒子」、「生命」、「地球」などの科学の基本的な見方や概念を柱として、子どもたちの発達の段階を踏まえ、小・中・高等学校を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。