商学総論(分冊1)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数278
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本大学通信教育部における平成27年&28年度リポート提出課題[商学総論(分冊1)]です。
    丸写しはせずに参考程度にご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本大学通信教育部 商学総論(科目コード:S20100)分冊1
    [課題] わが国における流通機能分析の展開について説明しなさい。
    (レポート本文) 文字数:1912 文字
    流通機能とは、生産者(供給者)と消費者(需要者)とを、商品を通して社会
    的、人格的に統一する経済的機能であり、必ず遂行されなければならない社会
    経済的な機能である。また、生産消費者間の商品の社会的移転、需給統一のた
    めに必要不可欠な経済的活動に限定されるべきものでもある。このことをふま
    えたうえで、流通機能分析は、一貫性ある理論的基盤をもった規範を定立する
    ことが重要だと考えられている。
    わが国では、商品の流通に関する研究が、配給論として形成されたことと関連
    して、流通機能に関する分析的研究も、配給機能分析として取り上げられてき
    た。そこで、配給機能に関するわが国の主要な研究者達の分析結果をみていき、
    流通機能分析を理解する。
    はじめに、向井鹿松博士の分析結果をみていく。向井博士は、配給機能に関す
    る問題をわが国で最初に学問的に取りあげた学者で、配給機能を労働職能と所
    有職能に二分して機能分析を行った。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。