政治学(分冊2)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数302
ダウンロード数19
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    日本大学通信教育部での平成27年&28年のリポート提出用課題[政治学(分冊2)]です。丸写しはせずに参考程度にご利用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本大学通信教育部 政治学(科目コード:B11700 ) 分冊2
    [課題] 議院内閣制と大統領制とを比較し、その相違を論じなさい
    (レポート本文) 文字数:1895 文字
    議院内閣制と大統領制とを比較し、その相違を論ずるにあたって、まず議院
    内閣制の特徴について説明していく。
    議院内閣制とは、基本的には分離独立した二つの権力保持者(議員と内閣)
    が癒着している統治形態である。議会と内閣は、相互に他機関よりも優越した
    権能や手段を有することなく、相互に抑制や協力をすることによって均衡を保
    持できる仕組みになっている。そして、立法部と行政部は厳密な関係にあるが
    、司法部が高度に独立している。
    また、統治形態として議院内閣制を取り入れている国は、わが国やドイツ、
    イギリス、フランス等の旧君主国に多くみられる。
    わが国の議院内閣制を例とした議会と内閣の関係を表す特徴の一つとして、
    政策決定機能が内閣と議会の双方に配分されている点が挙げられる。これは内
    閣と議会が政策決定のための発議と審議に関与することを表している。また政
    策執行は、内閣に委ねている。
    そして二つ目は、内閣と議会の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。