佛教大学 国語科概論 レポート A評価 2016年

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数280
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    国語科概論の最新のレポートです。
    A評価をいただいています。
    ご参考になさってください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    テキストの内容を踏まえ、国語科教育の内容と方法について論述しなさい。
    (1章)「音声言語」の指導のポイント
     話すこと・聞くことの授業の目的は、音声言語によるコミュニケーションを成立させることである。注意したいのは、相手との双方向のやりとりを基本としていることである。そして、もう一つ注意したいのは、それまでにあった関係性に閉じこもるのではなく、新たな人間関係をつくる力が求められているということである。  それでは具体的な指導内容についてみていく。内容としては、「朗読・群読で声を届け合う」、「コミュニケーションのなかで聞く力を育てる」、「学びの基礎としての話し合いを行う」ことが挙げられる。
    これらの授業にあたって気を付けたいことは、まず、教科書教材にすべてを頼るのではなく、教師自身の創意工夫をこらした授業づくりにあたることである。具体的な方法としては、①子どもの既習内容を確認する。②子どもの興味・関心に配慮する。③子どもが相手意識・目的意識を喚起できるように工夫する。④学習の目的に応じて教材を提示する。⑤評価のポイントをしぼっておくことである。また、授業では、手順・指示を明確にする必要が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。