健康・スポーツ科学論 過去問

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数64
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    健康・スポーツ科学論の過去問です。
    これで対応可能です。ぜひご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    健康・スポーツ科学論
    ・中枢神経と末梢神経について説明しなさい。
     神経を司る細胞のことを神経細胞といい、この神経
    細胞が多く集まっているところを神経系という。この
    神経系は大きく分けて中枢神経と末梢神経に分けるこ
    とができる。
     脳と脊髄からなる神経系のことを、中枢神経という。
    脳の中には、運動や記憶、思考、感情等を司る大脳、
    運動や平衡感覚を司る小脳、体温の調節を司る間脳、
    呼吸や心臓の運動等を司る延髄がある。脊髄は、脳と
    末梢神経の中継地点となる。
    末梢神経は、中枢神経から枝のように体全体に伸びて
    いる神経のことを指す。末梢神経は、感覚器官(目・鼻・
    皮膚など)から中枢神経に刺激を伝える感覚神経と、中
    枢神経からの命令を筋肉に伝える運動神経からできて
    いる。
    ・筋の収縮速度と力の関係について説明しなさい。
    2015.4 P.29
     摘出した筋や生体内での筋における等張性収縮の速
    度を様々な張力で観察すると、短縮速度は張力の増加
    とともに直角双曲線を示すことになる。
    つまり、負荷が大きくなるとともに筋収縮の速度が遅
    くなるのである。この現象を力一速度関係と呼び、無
    負荷の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。