教育学入門 レポート2単位目

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数149
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    明星大学通信教育部教育学入門2単位目レポート

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2-1
     学力とは、広義的にみると「測定されるもの」と「測定しえないもの」
    の2種類に分けられる。知識の世界からいうと、「世界知」と「経験知」
    の大きく2つに分けられると言える。
    前者は、学力調査のようなテスト等で点数として対象者の学力を測定す
    るものや、学校などで教えられたような知識のことを「世界知」と言
    う。 
     一方後者は、私たち一人一人に固有な主観的な知識のことを指す。学
    習意欲や教科に対する関心、授業を受けるにあたる態度等、客観的に測
    定することが難しいような、また生活の中で獲得した知識等のことであ
    り、体験値・実践値とも言われる。
     日本においても後者の知識、「生きる力」の獲得を目指すとしていわ
    ゆる「ゆとり教育」が取り入れられ、子供達が自ら学び・考える学習の
    展開や、「総合的な学習の時間」の設置等を行った。しかし、経済協力
    開発機構(OECD)による国際学習度調査(PISA
    )における順位の低下
    により、ゆとり教育による学習意欲の低下などが指摘された。
     
    これらの問題を踏まえ、「知識・知的能力」と「意志」の統合が求めら
    れている。学習評価のうち、「関心・意欲・..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。