【A判定合格】Z1001日本国憲法 リポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数126
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【A判定合格】Z1001 日本国憲法 リポート
    こちらのレポートはA判定で合格したものです。

    ※レポートの丸写しには厳しい処分が下されるようなので、こちらは参考程度にご活用ください!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Z1001日本国憲法【第1設題】法の下の平等について
    「法の下の平等」とは、総則的な人権において重要な原則であり、国民の平等権を保障し、国家が国民を不合理に差別してはならないとしている。「人間はみな自由であり平等である」という思想は、元々は古代ギリシャに起源を持つが、法によって規定されたのは、アメリカ独立宣言、フランス人権宣言がされたときである。19世紀、身分制社会を打破し、自由で平等な社会を築き上げようとした人々によって、「法の下の平等」を原則とした近代立憲主義の憲法が作られた。日本においても、同時期に明治維新で士農工商制度が廃止され、四民平等になるなど平等権の確保のために歩みがすすめられた。しかし、明治憲法においては平等権を無視してはいないが、平等原則は十分には実現されず、華族の特権が認められており、男女間の不平等も目立っていた。そのため、日本において、本当の意味で「法の下の平等」が保障されたのは、日本国憲法制定以降のことである。日本国憲法では、14条1項において、「すべて国民は、法の下(もと)に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。