教育原論 第一設題 ペスタロッチー

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数208
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    こちらのレポートはA判定で合格したものです。

    ※レポートの丸写しには厳しい処分が下されるようなので、こちらは参考程度にご活用ください!

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0101教育原論【第1設題】ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。
     ヨハン・ハインリッヒ・ペスタロッチーは、スイスの教育者、教育思想家である。思想家ルソーの影響を受け、貧しい農民の子を救うために教育を志した。簡単に彼の生涯を紹介するが、その内容は三井(2012,:13-29)から抜粋し、本リポート筆者がまとめたものである。ペスタッロチーは学生時代に法学を学び、その後政治活動を行った。23歳の時に農場経営をするもわずか2年で破綻し、その後、農場に貧民学校を設立したが、そこでの人間教育を周囲に理解してもらえず閉鎖するに至った。34歳の時、貧民学校をあきらめることを決意した彼は、失意の中、約20年ものあいだ執筆活動に専心した。52歳の時に政府から孤児院を委任されるが、それも戦争のため開設から半年で閉鎖した。しかし、孤児院での教育方法や、教え子が試験で優秀な成績を収めたことが高く評価され、54歳にしてようやく教師として道が開けた。自ら開設した学校の評判は国外にも広がったが、最終的には学校が内部紛争の末、閉鎖に追い込まれた。このようにペスタロッチーはなかなか理想の学校づく..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。