[2016年度最新版合格リポート!!]佛教大学通信教育課程 Q0706 社会学概論 第2設題 A判定(課題変更対応版)

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数156
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    本レポートは、Q0706 社会学概論の第2設題のレポートです。
    2016年度設題が変更となりました。
    本レポートは、設題変更後のものに対応したレポートです。
    判定はA でした。
    以下に所見を書いておきます。
    「異文化接触、文化的要素と帰属意識からなるエスニシティとその定義、異文化理解の認知構造とその具体的事象が非常によくまとめられたリポートになっています。」とのことでした。
    コードが違っても、課題が同じであれば参考になると思います。
    ダウンロードしていただき、参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    本レポートは、Q0706社会学概論の第2設題のレポートです。
    2016年度、設題が変更となりました。
    本レポートは、設題変更に対応したものです。
    判定は、A でした。
    所見を書いておきます。
    異文化接触、文化的要素と帰属意識からなるエスニシティとその定義、異文化理解の認知構造とその具体的事象が非常によくまとめられたリポートになっています。
    とのことです。
    他のコードでも課題が同じであれば、参考にしていただけると思います。ダウンロードしていただき、参考にしていただければ幸いです。
    異文化理解の障壁となる考え方について述べよ。
    <異文化理解>
    そもそも、異文化を理解することは、自文化を理解することに繋がるものである。文化摩擦を例にとってみると、複数文化の差異が問題となる。これは、一方から見ると当然の作法・行為連関であるが、他方から見ると奇怪な出来事としてとらえられるというものである。そこで、両者は驚き、排他的感情を抱くかもしれないが、この驚きという感情が自分自身も意識していない自明性を捉える契機となり、これが、異文化理解の始まりに繋がるのである。
    <エスニシティ>
    これは、新語であり、英語..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。