[2016年最新版合格リポート!!]佛教大学通信教育課程 Q0706 社会学概論 第1設題 A判定(課題変更対応版)

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数109
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    本レポートは、Q0706 社会学概論の第1設題のレポートです。
    2016年度設題が変更となりました。
    本レポートは、設題変更後のものに対応したレポートです。
    判定はA でした。
    以下に所見を書いておきます。
    「M.ウェーバーの方法論、主要著作の内容、主要な概念とその類型などがよくまとまったリポート内容になっています。」とのことでした。
    他のコードでも課題が同じであれば参考にしていただけると思います。
    ダウンロードいただき、参考にしていただけると幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    本レポートは、Q0706 社会学概論の第1設題のレポートです。
    2016年度設題が変更となりました。
    本レポートは、設題変更後のものに対応したレポートです。
    判定はA でした。
    所見を書いておきます。
    M.ウェーバーの方法論、主要著作の内容、主要な概念とその類型等がよくまとまったリポート内容となっています。
    とのことです。
    他のコードでも課題が同じであれば参考にしていただけると思います。
    ダウンロードしていただき、参考にしていただければ幸いです。
    マックス・ウェーバーの社会学の性格について述べよ。
    そもそも「社会学」は19世紀前半にA.コントにより創作されたものである。当時のヨーロッパでは高度な社会的分業に特徴づけられていた。分業され、多様化した社会は従来の政治学、経済学等の個別の学問では把握できなくなっていた。そのような状況下で生成された社会学は、急激に変動し、分断された社会を統一的にとらえ、その将来を予見することを目指したのである。
     そうした中登場した、マックス・ウェーバーは、資本主義の発展によりもたらされた近代社会やその諸制度が、いかにして生まれたのか、という歴史的問題を個人の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。