[2016年度最新版合格リポート!!] 佛教大学通信教育課程 Z1102 教育原論1 A判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数114
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    本レポートは、Z1102教育原論1のレポートです。
    判定はAでした。
    ダウンロードいただき、参考にしていただければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    本レポートは、Z1102 教育原論1の第1設題のレポートです。
    コードが違っても、同じ設題であれば参考にしていただけると思います。
    判定は、A でした。
    ダウンロードいただき、参考にしていただければ幸いです。
    ソクラテスの教育観に注意して彼の教育学的意義について述べよ。
     ソクラテスは前470/469年にギリシアのポリスの1つであったアテナイのアパロケ地区で石工をしていたソプロニスコスと産婆パイナレテの子供として誕生した。若いころは自然研究に没頭し、その後40歳で研究を辞めた後、人間の探求に情熱を傾け、色々な人と道徳や倫理の問題について討論をするようになったとされる。
     ソクラテス自身が著作を行っていないことは有名であり、彼の思想は弟子であるプラトン、アリストテレス等がそれぞれの著作を通じて紹介している。
    では、彼の教育観、教育学的意義を生涯を見ながら考えることにする。
    ソクラテスの誕生については上述のとおりである。彼が自然研究に没頭していた当時、スパルタとギリシアの主導権争いが起こり、ペロポネソス戦争が発生した。彼は、重装歩兵として3度従軍し、人一倍忍耐力と勇気があったとされ、撤退時..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。