[2016年最新版!!合格済]佛教大学通信教育課程 Z1306 教科教育法公民 最終試験問題 (新テキスト対応版)

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数10
閲覧数191
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    本解答は、佛教大学通信教育課程Z1306 教科教育法公民の科目最終テストの解答例です。
    新テキストに変わり、テスト問題も一新されました。
    一応、6通りの問題が出たので公開させていただきます。
    尚、自分の考え方について述べさせる部分については、それぞれの考えを書いていただいたらいいと思うので割愛させていただきました。
    その点、ご了承いただいたうえで、試験に取り組まれる際の参考にしていただければと思います。
    また、見やすいように問題は赤字で示すようにし、問題の最後に出題された問題冊子の番号を記載しております。

    ダウンロードしていただき、参考にしていただけると幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    本解答は、佛教大学通信教育課程Z1306 教科教育法公民の科目最終テストの解答例です。
    一応、6通りの問題が出たので公開させていただきます。
    尚、自分の考え方について述べさせる部分については、それぞれの考えを書いていただいたらいいと思うので割愛させていただきました。
    その点、ご了承いただいたうえで、試験に取り組まれる際の参考にしていただければと思います。
    また、見やすいように問題は赤字で示すようにし、問題の最後に出題された問題冊子の番号を記載しております。
    ダウンロードしていただき、参考にしていただけると幸いです。
    ・公民科教育論・実践史の概要を述べたうえで、今日の公民科授業の在り方について自身の考え方を述べなさい。(60)
    公民教育論の実践は、その時代の国家や社会の在り方と連動して変遷してきた。近代学校教育は1972年学制の導入に始まる。当時は欧米社会思想の導入を図っていたが、その後儒教主義に基づく公民教育の方針を打ち出した。そして、1922年に公民科が初めて導入された。
    ただし、当時の公民教育は、憲法教育などではなく、修身教育による儒教的な国民形成を目的とするものであった。
     戦後..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。