[2016年最新版合格リポート!!]佛教大学通信教育課程 Z1118 教育相談の研究(中・高)B判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数132
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    このレポートは、佛教大学通信教育課程のZ1118教育相談の研究(中・高)で提出したレポートです。
    判定はBでした。
    所見を書いておきます。
    テキストに沿って丁寧にまとめられているレポートです。
    とのことです。
    是非ダウンロードして参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    このレポートは、佛教大学通信教育課程のZ1118教育相談の研究(中・高)で提出したレポートです。
    判定はBでした。
    以下に、所見を書いておきます。
    テキストに沿って丁寧にまとめられているレポートです。
    とのことです。
    是非ダウンロードして参考にしてください。
    学校における各種指導(教科指導、生徒指導、進路指導、特別活動等)と教育相談(学校カウンセリング)の関連について論じなさい。
    カウンセリングという言葉は、20世紀中頃に使われ始めたものである。元々の概念は広い意味では、人が日常生活を営む上で生じる悩みに対し、相談・指導をするというものであった。その為、古くは、牧師などが人々の信仰上の悩みだけでなく、家庭や日常生活での悩みを聞いたりすることを意味し、それがカウンセリングの原点であったと言われる。しかし、広い意味でのカウンセリングは、学術的な理論による裏付けはなく、相談を受ける個人の資質や経験によるところが大きかったので、その人に素質があり、人生経験が豊富であれば出来ると考えられるものであった。
     これに対し、近代に入ると社会構造が複雑化し、人々の悩みも多岐に渡り、相談内容も多様化したた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。