[2016年度最新版合格済!!]佛教大学通信教育課程 Q0704 法律学概論テスト 80点合格

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数220
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    本解答例は、Q0704 法律学概論用のものとなります。
    しかし、課題が同じであれば、他のコードの方も参考にしていただけると思います。
    判定はAでした。
    このレポートを完全に暗記していただければ、落ちることはまずないと思います。
    ダウンロードしていただき、暗記して単位を勝ち取って戴ければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    本解答は、Q0704法律学概論のテスト用に作ったものです。
    しかし、他の科目コードでも問題が同じであれば参考にしていただけると思います。
    テキストをまとめただけのものですが、単位は取得できました。
    判定はA
    でした。
    なるべき暗記しやすいように、字数は少なくしてあります。
    私が受験したときは、(6)が出てました。
    これを完全に暗記していただければ、テストに落ちることはないと思います。
    では頑張ってください。
    1)物権と債権の違いについて論じなさい。
    民法は、財産権を者に対する権利である物権と、人に対する権利である債権に分けた。
    物権は特定の物を直接に支配できる権利である。物権は、誰に対しても主張でき、1つの物上に物権が成立すると、その後にそれと両立しない他の物権は同一物の上に成立しない。
    物権は強力な権利であるため、法律に定められた以外には勝手に新しい物権を作ることはできない。
    そして、物権においては、その内容が妨げられている場合、所有権を例にとると、妨害者に対して、返還請求権、妨害予防請求権、妨害排除請求権という3つの物権的請求権が発生する。物権的請求権の特色は、妨害者に故意過失があ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。