[2016年度最新版合格リポート!!]佛教大学通信教育課程 Q0709 人権同和教育レポート B判定

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数196
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年度 佛教大学通信教育課程のQ0709 人権(同和)教育のレポートです。
    他のコードでも課題が同じであれば、参考にしていただけると思います。
    判定はBでした。
    所見を書いておきます。
    P4~の実践は、学校における実践の在り方を具体的に論じてください。
    とのことでした。
    これを参考にして、皆様は、A評価を狙ってください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    2016年度最新版Q0709 人権(同和)教育レポート課題
    はじめに・・・
    本レポートは、Q0709課題用として書いたものです。
    しかし、他コードであっても、課題が同じであれば参考にしていただけるものと思います。
    皆様の参考にしていただければと思います。
    尚、丸写しでの提出は、処罰の対象となるようですので、しないようにしてください。
    因みに、判定は B でした。
    50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括すること。また、人権(同和)教育の意義と学校における人権(同和)学習のあり方を具体的に論述すること。
    「同和教育」この言葉が意味することは、同和問題を解決するための教育の営みのすべてである。当然ながら、教育以外での取り組みも含まれるわけである。「部落解放運動」「同和行政」がそれにあたる。ただ、これらは全く別々に同和問題の解決を目指したわけでなく、お互いに密接に関連しながら同和問題の解決を目指したのである。
    そのなかで、同和教育とは、学力の保障等のために同和地区の児童に対して行われる教育、同和問題解決のために行われる人権啓発教育の2つの意味がある。この同和教育を行う意義は、憲法により保障されてい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。