佛教大学 S0836 知的障害教育Ⅰ 2016レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数101
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年のレポートです。
    ぜひ参考にしてください。

    『テキストで学習した知的障害の障害特性をふまえ、
    知的障害児が被るであろう社会的不利について考察し
    (その際、WHOの障害の定義やICFモデルを参照すること)、
    合理的配慮の方法について具体例をあげて説明せよ。

    1.知的障害とは
     文部省(現在の文部科学省)は1966年に「心身障害児の判別と就学指導」のなかで、「精神薄弱児とは先天性、または出産時ないしは出産早期に、脳髄になんらかの障害(脳細胞の器質的疾患か機能不全)を受けているため知能が未発達の状態にとどまり…』

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    テキストで学習した知的障害の障害特性をふまえ、
    知的障害児が被るであろう社会的不利について考察し
    (その際、WHOの障害の定義やICFモデルを参照すること)、
    合理的配慮の方法について具体例をあげて説明せよ。
    1.知的障害とは
     文部省(現在の文部科学省)は1966年に「心身障害児の判別と就学指導」のなかで、「精神薄弱児とは先天性、または出産時ないしは出産早期に、脳髄になんらかの障害(脳細胞の器質的疾患か機能不全)を受けているため知能が未発達の状態にとどまり、そのため精神活動が劣弱で、社会への適応が著しく困難な状態を示しているものをいう」と脳髄になんらかの障害があることを知的障害の定義の条件としてあげた。
    2.知的障害児の特性
    (1)言葉の問題
     知的に障害のある子どもの言葉の問題は、お父さんやお母さんが子どもの成長や発達に対して疑問をもつきっかけとなる。具体的には、
    ・言葉の遅れ
    ・語彙が増えない
    ・指示代名詞が多い
    ・助詞の使用に困難を示す
    ・一文が短い
    ・受動態や条件節、時制の使用など文法の学習に困難を示す
    ・会話がかみ合わない
    ・発音が不明瞭
    などがある。
    (2)運動機能の問題..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。