佛教大学 S0835 病弱虚弱児の心理・生理・病理 2016 レポート

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数74
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年 A判定でした。
    参考にしてください。

    『病弱・虚弱児の主な疾患について、生理・病理を簡単に説明し、
    医療と教育の連携を具体的に述べなさい。

    〈悪性腫瘍〉
    (1)生理・病理
    小児期に生じる悪性腫瘍を小児がんと呼ぶ。小児がんは、幼児期以降の小児の疾患による死亡原因の中では第1位である。
    小児がんは成人のがんとは大きく異なる。成人のがんは…』

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    病弱・虚弱児の主な疾患について、生理・病理を簡単に説明し、
    医療と教育の連携を具体的に述べなさい。
    〈悪性腫瘍〉
    (1)生理・病理
    小児期に生じる悪性腫瘍を小児がんと呼ぶ。小児がんは、幼児期以降の小児の疾患による死亡原因の中では第1位である。
    小児がんは成人のがんとは大きく異なる。成人のがんは上皮性の悪性腫瘍(狭義のがん)であり、早期に診断されると手術のみでも治癒することがあるのに比べ、小児がんのほとんどは非上皮性(血液、筋肉、骨、神経など)の悪性腫瘍(病理学的呼称は肉腫)であり、微少なものを含めると診断時すでに8割くらいは転移が存在すると言われている。しかしながら、小児がんの多くは抗がん剤や放射線療法に感受性が高く、成人よりも強力な治癒をすることで転移巣を含めて治癒させることが可能である。
    治療は化学療法が主で、必要とされる場合のみ、比較的低線量の放射線照射を行う。化学療法剤には副反応がある。副反応には、口内炎、胃腸障害、脱毛、白血球減少、心臓障害などがある。
    (2)医療と教育の連携 
     通常、医師から登校許可が出た場合は、他の児童生徒と同様に扱っても構わないというのが原則である。し..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。