佛教大学 S0834 肢体不自由児の心理・生理・病理 第2投題 2016レポート

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数73
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年 A判定でした。
    参考にしてください。

    『てんかんの定義・原因・症状・分類・診断方法・治療方法および
    教育的対応について述べよ。

    〈定義〉
    WHOによると、「さまざまな原因で起こる慢性の脳疾患で、大脳ニューロンの過剰な放電からくる反復的な発作を主な徴候とし、種々な臨床および検査所見を伴う」と定義されている。
    発作とは、症状が突然に起こり…』

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    てんかんの定義・原因・症状・分類・診断方法・治療方法および
    教育的対応について述べよ。
    〈定義〉
    WHOによると、「さまざまな原因で起こる慢性の脳疾患で、大脳ニューロンの過剰な放電からくる反復的な発作を主な徴候とし、種々な臨床および検査所見を伴う」と定義されている。
    発作とは、症状が突然に起こり、短い時間で終わってしまうものである。発作は不定期に繰り返して起こるが、けいれんや意識消失などの発作症状は、数秒から数分でおさまる。いろいろな発作の型があるが、その症状は人によりほぼ決まった形で始まり、決まった広がり方で経過することが多い。
    〈原因〉
     てんかんの原因は、わからないもの(原発性)が大半を占めているが、原因のわかっているもの(続発性)として、胎生期や出産後の低酸素脳症、脳炎や髄膜炎などの感染症、先天性代謝異常、能奇形などいろいろなものがある。
    〈症状・分類〉
     てんかん発作は、全身に一斉に出現する「全般発作」と、身体や精神機能の一部に出現する「焦点発作」に大別される。それぞれに、けいれんを生じるものと、生じないものがあり、焦点発作には意識障害を伴うものと、伴わないものがある。
     て..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。