佛教大学 S0839 病弱虚弱児の指導法 レポート

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数150
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年
    「一般の教育(健常児)と病弱教育(病弱特別支援学校)とを比較し、
    ア.配慮や支援のあり方、イ.教科等の学習、等の違いを述べよ。
    また、個別の指導計画の意義、効果、活用等について述べよ。」
    A判定でした。
    ぜひ、参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    一般の教育(健常児)と病弱教育(病弱特別支援学校)とを比較し、
    ア.配慮や支援のあり方、イ.教科等の学習、等の違いを述べよ。
    また、個別の指導計画の意義、効果、活用等について述べよ。
      
    病弱虚弱児への配慮や支援のあり方、一般教育と病弱教育の教科等の学習の違い、病弱虚弱児への個別の指導計画、の3つについてまとめる。
    1.病弱虚弱児への配慮や支援のあり方
     病弱虚弱児とかかわり合いをもつ教職員は、留意しなければならない症状、服薬や教師も行うことができる対応方法、運動や食事の制限などを、児童生徒の日々の症状に合わせて把握しておくことが必要である。また、校内の教員や学級の他の児童生徒などに対して、病気のこと、必要な配慮事項について、適切な方法で説明できることが求められる。その際、病気のことについて、どのように、どこまで説明するかについては、必ず事前に児童本人や保護者と話し合っておかなければならない。また、本人や保護者が病気のことをどのように理解し、どのように思っているのかを把握しておくことが、適切な支援につながる。
     児童生徒が病気になり、通院や入院が必要となると、家族の病気への不安などが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。