佛教大学 S0536 人権(同和)教育 2016 レポート

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数183
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    佛教人権同和

    代表キーワード

    佛教大学S0536人権同和教育

    資料紹介

    2016年
    「50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括すること。また人権(同和)教育の意義と学校における人権(同和)学習のあり方を具体的に論述すること。」
    B判定でした。
    同和教育史がよくまとめれていると、評価されていたので、そこに悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括すること。
    また、人権(同和)教育の意義と学校における人権(同和)学習のあり方を具体的に論述すること。
    「同和教育」は教育の原点であると言われることが多い。「同和教育」は、一人一人の教育権を保障するとともに「確かな学力」の定着を目指し、「平和的な国家及び社会の形成者として、真理と正義を愛し、個人の価値を貴び、勤労と責任を重んじ、自主的精神に充ちた心身ともに健康な」(教育基本法 第1条 教育の目的)児童・生徒を育てる取り組みそのものである。この戦後50年におよぶ戦後の同和教育史を、京都市を例にまとめていきたい。
     1950年、大戦によって中断されていた国の不良住宅地区改良法による住宅改良事業に京都市は着手する。この改良住宅建設を皮切りに京都市の各部落では相次いで改良住宅が建設され、同時に基幹道路の整備や上下水道の敷設等が順次進められることとなった。また、市の予算に「同和対策費」として年度ごとに特別経費を計上するなど、戦後の同和教育行政は50年代の前半から急速に推し進められていった。
    また、戦後の部落解放運動の大きな転機となったのが、1951年10月に京都..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。