佛教大学 S0833 知的障害児の生理・病理 2016 レポート

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数281
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2016年のレポートです。B判定でした。
    「知的障害の知的機能の遅れを生む要因を説明せよ」

    知的障害の原因は単一のものではなく、さまざまな要因を背景としている。始めに、その要因を内因性と外因性から述べていくこととする。
    内因性とは、遺伝性の原因によるものである。内因性の遺伝子異常では、常染色体優性遺伝、常染色体劣性遺伝、X連鎖性遺伝があり、形態形成異常または代謝異常を引き起こし、脳障害を生じさせる。
    常染色体優性遺伝では主に、結節硬化症、神経線維種病、クルーゾン病、アペルト病などがある。常染色体劣性遺伝では主に、先天性魚鱗癬、真性小頭症、コルネア・ド・ランゲ症候群、ローレンス・ムーン・ビートル症候群、子ケイン症候群、ピエール・ロバン症候群、先天性代謝異常などがある。
    また、染色体異常は、通常人間の染色体は22対の常染色体と1対の性染色体の計46本あり、妊娠時にそれぞれ23本ずつが対になる。しかし時に、その染色体の数や構造に異常が生じることがある。それが染色体異常である。
    性染色体異常では主に、ターナー症候群、超女性症候群などがある。常染色体異常では主に、ダウン症候群、Dトリソミー症候群、Eトリソミー症候群、猫泣き症候群などがある。それぞれ特有の身体的特徴や奇形、発育上の問題、知的障害などが生じる場合がある。それをいくつか紹介する。
    結節硬化症は、2/3は精神発達遅滞を伴い、West症候群(点頭てんかん)を発症することもある。補足として、West症候群(点頭てんかん)とは、乳児にみられる予後不良なてんかんのひとつである。覚醒から睡眠の移行期にけいれんを起こしやすく、寝ている姿勢で起き上がると…

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    知的障害の知的機能の遅れを生む要因を説明せよ。
    知的障害の原因は単一のものではなく、さまざまな要因を背景としている。始めに、その要因を内因性と外因性から述べていくこととする。
    内因性とは、遺伝性の原因によるものである。内因性の遺伝子異常では、常染色体優性遺伝、常染色体劣性遺伝、X連鎖性遺伝があり、形態形成異常または代謝異常を引き起こし、脳障害を生じさせる。
    常染色体優性遺伝では主に、結節硬化症、神経線維種病、クルーゾン病、アペルト病などがある。常染色体劣性遺伝では主に、先天性魚鱗癬、真性小頭症、コルネア・ド・ランゲ症候群、ローレンス・ムーン・ビートル症候群、子ケイン症候群、ピエール・ロバン症候群、先天性代謝異常などがある。
    また、染色体異常は、通常人間の染色体は22対の常染色体と1対の性染色体の計46本あり、妊娠時にそれぞれ23本ずつが対になる。しかし時に、その染色体の数や構造に異常が生じることがある。それが染色体異常である。
    性染色体異常では主に、ターナー症候群、超女性症候群などがある。常染色体異常では主に、ダウン症候群、Dトリソミー症候群、Eトリソミー症候群、猫泣き症候群などがある..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。