考古学概論、江戸文学概論、 史料学概論、書誌学、西洋特殊講義

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数32
閲覧数21
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    奈良大学や他の大学でも同じような課題があれば絶対にお得です。こんなにセットになってこの価格だからです。科目はこの通りですが、(考古学概論、江戸文学概論、 史料学概論、書誌学、西洋特殊講)これらだけで軽く23000字は超えています。是非とも検討してくれるとありがたいです。なお、期間限定ですぐに削除する予定です。宜しくお願い致します。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「考古学概論」で学んだことをもとに、考古学とはどのようなものであるのかを自由に論じなさい。
     一般的に「考古学」という学問を想像してみると、おそらく古いものを観察して、当時の人々の生活や文化を探るという広義的な意味で捉えられているのではないだろうか。「考古学」の位置付けとしては、アメリカでは考古学は人類学の一部であるという見解が主流であるのに対して、日本では歴史学の一分野とみなされる傾向にあり、記録文書にもとづく文献学的方法を補う形で発掘資料をもとに、歴史研究を行う学問として捉えられてきた。一方、ヨーロッパ地方では、伝統的に先史時代を考古学的に研究する「先史学」という学問領域が存在しており、歴史学や人類学などと関連をもちながら、統合された学問分野として独立してとらえられる傾向が強いのが現状だと思われる。
     「考古学」という言葉は、英語のArchaeologyの訳語であり、本来ギリシャ語で古代ないし、古物を意味する、アルカイアと学問を意味するロゴスの語が合わさったものである。したがって、「古代の学」の身にも「古物の学」の意味にも解されるが、現在ではもっぱら後者の意味で用いられ、過去の遺物..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。