教育言論 ペスタロッチーの教育学について考察せよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数34
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教育言論 ペスタロッチーの教育学について考察せよ
     まずペスタロッチーの生涯であるが、1746年のチューリッヒでこの世に生を受け、その後1751年に外科医である父ヨハン・バプテスト・ペスタロッチーは死去しているが、父の死後、母のスザンナと家政婦バーベリーによって熱心な教育の中ペスタロッチーは育てられる。その後はラテン学校を経て、1761年からコレギウム・フマニタティスに在学し、1763年に祖父アオンドレアスの貧しい人々の救済のために働いている姿を見て、祖父と同じく牧師になろうとコレギウム・カロリヌームへ神学を学び始めた。また大学在籍中にペスタロッチーは貧民救済のためには宗教ではなく法学を学ぶことが重要と語り始める。特に教授ボートマーに政治学、歴史に魅了されるが、政治事件に巻き込まれ投獄によりその道を断念する。結果1767年に農業改革による人々の救済を目指し農民となるが1771にノイホーフ農場を設立下が土地不良、天候不良により成功には至らなかった。そんな中でペスタロッチーは1774年に貧民学校を設立し、ノイホーフに労働力として集められた4歳から19歳までの子供たちに空いた時間に教育をし、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。