50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括すること

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数32
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    50年に及ぶ戦後の同和教育史を概括すること。また人権(同和)教育の意義と学校における人権(同和)学習のあり方を具体的に論述すること。
    同和教育とその意義とは、日本社会の歴史的発展の過程において作られた身分の階層構造に基づく差別によって、今尚現代社会においても著しく基本的人権を侵害され特に近代社会の原理として何人にも保護されている市民的権利と自由を保障されていないというもっとも深刻かつ重大な社会問題であると認識されている。つまり人権(同和)教育とは部落問題の解決を目指して取り組まれる教育的な営みの総称であり、部落差別という日本特有の人権問題に関わる教育活動である。基本的人権は日本国憲法第11条において、侵すことのできない永久の権利として、現在及び将来の国民に与へられると謳わっている。この基本的人権は全国民に等しく保障されているものでなければならなく、他人により侵害することは決して許されてはいけない。このことについては人権教育の中でしっかりと教えなければいけない重要な課題であり、目標でもある。また身近な問題として子どもたち自身に認識させるよう教育する必要もある。ここでは、そういった人権教育..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。