PG3020 化学概論1  試験問題と解答13

会員4,320円 | 非会員5,184円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数47
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2017年、2016年、2015年に全国で出題されました、明星大学・通信教育課程・PG3020 化学概論1の単位認定試験問題と解答です。成績優をいただきました。【解答は、理系卒業者による自身で作成後、添削済の正答です】

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PG3020 化学概論1 
    <化学概論1は、一般的包括的内容を満たす、教科に関する必修科目です。>
    明星大学通信教育課程
    教育学部教育学科
    2015年度・2016年度
    全国各試験場にて出題済み
    【単位認定試験問題13と解答・解説】
    【試験問題13】
     コロイドについて論じなさい。
    【解答】
     コロイド粒子は濾紙を通過できる一方、セロハン膜などの半透膜を通過できない直径1nm~1μmの微粒子である。コロイド粒子の大きさは、沈殿を生じる溶液である懸濁液中の固体粒子よりも小さく、溶媒分子と洋室分子も大きさが同程度の溶液である真の溶液中の粒子よりも大きい。
     コロイドは、粒子の構造によって次の3タイプ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。