PG2030 生物学1 試験問題と解答2

会員4,320円 | 非会員5,184円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数123
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2017年、2016年、2015年に全国で出題されました、明星大学・通信教育課程・PG2030 生物学概論1の単位認定試験問題と解答です。成績優をいただきました。【解答は、理系卒業者による自身で作成後、添削済の正答です】

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PG2030 生物学1 
    2015年度・2016年度・明星大学通信教育課程教育学部
    単位認定試験問題2と解答
    【試験問題2】 
    「遺伝的浮動」が進化に重要な役割を果たすことが期待される状況について解説せよ。
    【解答】
     小さな集団では、偶然の出来事により、遺伝子プールの遺伝子組成である対立遺伝子頻度が各世代にわたってランダムに変動する「遺伝的浮動」が生じる。遺伝的浮動は、十分な数の子孫を残すことのできないほどの小集団が縮小する状況で、二つの効果を生む。一つ目のびん首効果は、壊滅的出来事により、小集団が劇的に縮小する状況で、遺伝的浮動が進み、その子孫が繁殖する結果、集団に対立遺伝子頻度の縮小をも..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。