PF3010 確率論 試験問題と解答3

会員3,564円 | 非会員4,276円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数47
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2015年・2016年に出題されました、明星大学・通信教育課程・PF2030 確率論の単位認定試験問題と解答です。成績優をいただきました。【解答は、理系卒業者による自身で作成後、数学者からの添削済の正答です】

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PF3010 確率論 
    <確率論は、一般的包括的内容を満たす、教科に関する必修科目です。>
    明星大学通信教育課程
    教育学部教育学科
    2015年度・2016年度
    全国各試験場にて出題済み
    【単位認定試験と対策におけるポイント】
    単位認定試験では、単位認定試験問題を組み合わせ、数題出題されます。また、毎回の試験において、問題の組み合わせを変えて出題されます。また、同じ試験場で毎月連続的に同じ問題が出題されることもあれば、周期的に問題が出題されることもあります。以上は、数学に限らずいずれの科目についても該当いたします。
    ゆえに、確実な合格を目指すのであれば、実際に過去出題された単位認定試験の過去問等で対策されることを推奨いたします。以下は、前述しました過去問となります。
    【単位認定試験問題3と解答と解説】
    【試験問題3】
     数学的確率と経験的確率(統計的確率)をそれぞれサイコロ投げを例として解説せよ。
    【解答】
     サイコロを一回投げるとき、3の目が出る確率を考える。1から6の目はどの目も同じくらい出やすいとする。すなわちこれは、「サイコロのいずれかの目が出る事象は同様に確からしい」と同義であ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。