PG2030 生物学1 2015・2016試験問題と解答12

会員1,944円 | 非会員2,332円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数70
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2015年・2016年に全国で出題されました、明星大学・通信教育課程・PG2030 生物学概論1の単位認定試験問題と解答です。成績優をいただきました。【解答は、理系卒業者による自身で作成後、添削済の正答です】

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PG2030 生物学1 
    2015年度・2016年度・明星大学通信教育課程 教育学部 教育学科
    単位認定試験問題12と解答
    【試験問題12】
     真核生物における遺伝子発現のプロセスを原核生物の遺伝子発現の調節機構との違いを明確にしつつ解説せよ。
    【解答】
     原核生物には細胞核がない。そのため、原核生物のDNAは、細胞質で、タンパク質をコードする塩基配列であるエキソンのみから成るmRNAへ転写されると同時に、mRNAからタンパク質へ翻訳される。転写は、転写を直接制御する酵素であるRNAポリメラーゼにより、DNAに含まれる遺伝情報がmRNAに読み替えられる過程である。翻訳とは、RNAとタンパク質..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。