PG2030 生物学1 試験問題と解答8

会員3,240円 | 非会員3,888円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数46
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2015年・2016年に全国で出題されました、明星大学・通信教育課程・PG2030 生物学概論1の単位認定試験問題と解答です。成績優をいただきました。【解答は、理系卒業者による自身で作成後、添削済の正答です】

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PG2030 生物学1 
    2015年度・2016年度・明星大学通信教育課程教育学部
    単位認定試験問題8と解答
    【試験問題8】
    「タンパク質の変性」について、これをもたらす原因と、それぞれの作用機序とともに解説せよ。
    【解説】
     タンパク質の一次構造は、アミノ酸配列の中の隣接するカルボキシル基(-COOH)とアミノ基(-NH2基)間の縮合による結合であるポリペプチド結合により、アミノ酸配列が連結してできる「ポリペプチド鎖」という構造である。タンパク質の二次構造は、主に次の二つである。一つ目は、ポリペプチド鎖の中の隣接するカルボキシル基(-COOH)とアミノ基(-NH2基)間の水素結合により、一本..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。