PF2010 代数学1 試験問題と解答NO.3

会員3,564円 | 非会員4,276円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数151
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2015年・2016年に出題されました、明星大学・通信教育課程・PF2010 代数学1の単位認定試験問題と解答です。成績優をいただきました。【解答は、理系卒業者による自身で作成後、数学者からの添削済の正答です】

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PF2010  代数学1 
    2015年度・2016年度・明星大学通信教育課程教育学部における単位認定試験問題と解答および解説 NO.3
    (2014年度以降配本済みテキスト対象者における対応問題)
    試験問題3
    【1】 σ= は偶置換か奇置換かを調べよ。
    【解答】
     Xを集合とするとき、XからXへの全単射な写像f:X→Xを集合Xの置換という。Xの置換全体のなす集合をSnと表す。Snをn次対称群といい、写像の合成を積、恒等写像を単位元、逆写像を逆元として群をなす。また、Snはサイズn!の有限群である。Snのうち、2つの元だけを交換し、その他の元を動かさないような置換を「互換」という。互換は(a,b)..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。