PF2010 代数学1 試験問題と解答NO.1

会員4,320円 | 非会員5,184円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数153
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2015年・2016年に出題されました、明星大学・通信教育課程・PF2010 代数学1の単位認定試験問題と解答です。成績優をいただきました。【解答は、理系卒業者による自身で作成後、数学者からの添削済の正答です】

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PF2010  代数学1 
    2015年度・2016年度・明星大学通信教育課程教育学部における単位認定試験問題と解答および解説 NO.1
    (2014年度以降配本済みテキスト対象者における対応問題)
    試験問題1
    【1】 整数nに対してφ(n)= と定める。ただし、t= である。
    (1) φは加法群 から乗法群 への準同型写像であることを示せ。
    【解答】
     任意の整数m,n∈ に対して、
    φ(m+n)


    =φ(m)・φ(n)
    となり、φは加法群 から乗法群 への準同型写像である。
    (2) φの像と核を求めよ。
    【解答】
    i= より、iは虚数であるので
    t= =
    n=3k(k:整数)のとき、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。