PG2030 生物学概論1 2単位目

会員3,888円 | 非会員4,665円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数81
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2015年・2016年に全国で出題されました、明星大学・通信教育課程・PG2030 生物学概論1(2単位目)の最新のレポートです。成績優をいただきました。【解答は、理系卒業者による自身で作成後、添削済の正答です】

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    PG2030 生物学概論1 2単位目
    1.「ヒトゲノムプロジェクト」とその意義について解説せよ。
    ヒトゲノムプロジェクトは、各染色体上の連続した配列情報を得る目的で、米国を中心に世界中の多くの組織が関わって遂行された計画である。ヒトゲノムの塩基配列の決定に加え、遺伝子の同定、配列の決定、染色体上の位置を決めるマッピングが行われた。その結果、ヒトの全ゲノム上に、タンパク質をコードする2万~2万5000の遺伝子が位置決定されている。また、当初は埋めることのできなかったギャップの数が400分の1の341に減った。さらに、ゲノム上の遺伝子を含む領域の99%が高精度で解読され、99.74%の既知の遺伝子が正確に同定された結果、病気の原因を体系的に研究することが可能となった。
    ヒトゲノムプロジェクトにより、以下の恩恵が期待される。遺伝子検査による疾病と疾病素質の診断が改善される。また遺伝子検査を通じて、病気の保因者の特定や、家族関係について知ることに役立つ。あるいは、DNA分析により、科学捜査が進歩する。遺伝子配列情報の比較により、ヒトとその他の生物の進化的関係の研究に役立つ。遺伝子配列情報から得..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。