【組織工学】論文試験

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数68
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    再生医療・組織工学の授業で合格と単位をいただいたレポートです。再生医療に関して英語で書かれた論文を読んで、図やグラフや表や写真から情報を読み取り、要約した上で、自分の意見を述べております。論文試験のために書いたので、非常に練られた内容となっております。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    【リポート課題】今後の再生医療の展望について、論文を読んだうえで自分の意見を述べなさい。
    骨移植は一般的医療行為となっている。組織移植行為の中で、骨移植は輸血に次いで多い。整形外科手術や歯科手術や頭蓋顔面手術の中で幅広く利用されている。何百万人もの患者が毎年世界中で、骨移植片を必要としていると推定されている。最も一般的に利用される骨移植片と骨移植代替物は、自家移植片や同種移植片や無生物材料移植片や合成骨移植片である。自家骨移植が今なお骨修復における王道であり、同種移植片が依然として自家移植片の魅惑的代替物に留まっているにもかかわらず、利用限界や骨採取部位での副作用や提供者から受容者への感染症伝播の危険性を含めた多くの特有の問題に悩まされる。足場材料は細胞外マトリックスの構造と機能を模倣し細胞接着や細胞増殖や細胞分化や組織再生を支持することができるので、三次元足場材料は足場材料を基盤とした骨組織工学の鍵となる必要がある。最も有効な足場材料は、生体適合性があり、生体分解性があり、骨形成性があり、力学的強固であり、十分な相互作用性のある細孔構造をもち、多孔性であり、利用しやすく、生産費用効率..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。