【東洋大学】【2015.2016】教育心理学、課題1、論文試験

会員1,296円 | 非会員1,555円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数87
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2015,2016年東洋大学の、教育基礎論Ⅰ(3000字以内)で説明する課題において、合格認定された論文です。使うべきキーワードについても説明しており、わかりやすいとの評価をいただきました。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    知識は個人の学習の結果得られるものであると同時に、知識そのものも学習の対象となる。学校教育の現場では、このようにして人類が蓄えてきた、文化的・社会的遺産としての知識を生徒に伝達することが目的である。そこでは、科学や文学などの概念的な言語化された知識が多く、コンピュータなどの知識と機械の操作とが不可分に結びつく技術的知識よりも獲得されやすい。知識が有効に伝達され獲得されることは、知識が理解されることである。学校教育の現場において、獲得されるべき知識が教師により伝達された後、生徒により理解されるという教授学習活動が達成されるためには、教師は指導の対象となる生徒集団の知識水準を予め測定し、生徒が理解するための教授方法を工夫する必要がある。
    学力到達度検査は、中間考査や期末考査などの定期試験や模擬試験であり、学習行動の成果を評価し、知識量を相対的に測定する目的を持つ。獲得される知識が必ずしも理解されるとは限らない。知識を多く獲得するほどその理解が深まるという前提に基づくと、理解度を直接測定することが難しい教育現場においては、獲得された知識量の多さを測定することで理解度の測定に置換され、学習の到..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。