PG3060 理科教育法3 2単位目

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数57
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2015年・2016年に全国で出題されました、明星大学・通信教育課程・PG3060 理科教育法3(2単位目)の最新のレポートです。成績優をいただきました。【解答は、理系卒業者による自身で作成後、添削済の正答です】

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    理科教育法3 2単位目
    1.理科授業における観察・実験の計画・準備と実施について述べ、安全指導について述べよ。
    理科の授業における観察・実験の計画・準備と実施に当たり、心がけたいこと及び安全指導について述べる。
     まず、観察・実験の計画・準備段階において、実施する目的や日程、方法・手順を明確化することで、教師自身が目的意識を持って指導すべきである。次に、観察・実験の授業計画における位置づけを明確化することで、効果的な授業構成を決定すべきである。その中で、生徒実験や演示実験などの観察・実験の形態を決定することで、それに見合う準備が必要とされる。これらの望ましい観察や実験の条件に照合して、実施の現実的な可能性を確認すべきである。また、教材研究と言われる予備実験や観察を習熟し、危険性や詳細な操作を熟知しておくことが大切である。教科書の観察や実験に補足説明が必要とされるためである。故に、生徒に適切に指示できるように事前に準備しておくべきである。同時に、器具の点検や試薬の調整なども準備しておくべきことである。
     観察・実験の実施段階においては、明確化した目的を生徒に納得させることで、目的意識を持..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。